« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

SMART ICOCA紛失再発行

先日、SMART ICOCAを紛失したことに気がつき、「SMART ICOCA紛失ダイヤル」に連絡して、再発行の手続きをしました。

Dsc00034_640
到着したSMART ICOCAです。紛失再発行にかかる費用は、再発行手数料(500円)と、デポジット(500円)のあわせて1000円になりました(後日、J-WESTカードから決済されます)。

Dsc00035_640
早速、PCソフト「SFCard Viewer」で残額を確認したところです。残額も保証されているようです。
入場駅の欄に「JR西 神戸」と出ていますが、私が当日神戸に行ったわけではなく、再発行を行う箇所が神戸にあるものと思われます。

なお、紛失したSMART ICOCAが出てきた場合は、そのカードは使用できませんが、JR西日本側に返納すれば、デポジット分を返金してもらえるようです。

SMART ICOCAに関するお問い合わせ先電話番号は以下のとおりです。
・お問い合わせ、各種変更:0570-015-015(9時から18時、年中無休)
・紛失・盗難:078-382-8692(24時間、年中無休)

カードの紛失がわかった場合は、早めに対応しましょう!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

新幹線「さくら」

JR西日本とJR九州は、山陽新幹線と九州新幹線を直通運転する新幹線の愛称名を「さくら」に決定したことを発表しました。
九州新幹線の博多-新八代間の開業が平成23年(2011年)3月の開業になる見通しと併せて発表されました。
「さくら」の愛称名は寝台特急として廃止された平成17年以来の復活になります。

Expsakura_640
私は寝台特急「さくら」(昭和34年~平成17年)の印象が強いため、新幹線の愛称に決定しても、ピンとこない感じがします。
九州新幹線(長崎ルート)の愛称名はどうなるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

寝台特急「はやぶさ」・「富士」の指定席券

来月13日(始発駅基準)をもって、寝台特急「はやぶさ」・「富士」が廃止されますが、JR九州管内では2月28日(始発駅基準)まで、上り列車で6号車(「富士」小倉まで)及び12号車(「はやぶさ」博多まで)を普通車指定席として利用することができます(下り列車は、従来から立席特急券で乗車できる区間があります)。
その場合の特急料金は、通常の指定席特急料金が適用されます。

なお、特企券を使用して乗車できる場合があります。括弧の中の記述は指定席を利用するのに必要な指定席券(指定券)の種類です。
・新幹線つばめ2枚きっぷ(指定のみ券)
・2枚きっぷ・4枚きっぷ・20枚きっぷ指定席用(指定のみ券)
・2枚きっぷ・4枚きっぷ・20枚きっぷ自由席用(指定料金券)
・(つばめ)エクセルパス(指定料金券)
・ナイスゴーイングカード(乗車不可)
・ジパング倶楽部(指定席特急券・割引適用は可能)
・アクティブ65(指定席利用可能な場合は、指定のみ券。それ以外は指定料金券)
・ジャパンレールパス(指定のみ券)
・東京往復割引きっぷ等(指定のみ券)
・フルムーン夫婦グリーンパス(指定のみ券)
・レール&レンタカー(指定席特急券・割引適用は可能)
・周遊きっぷ(指定席特急券)

Dsc00031_640
寝台特急「はやぶさ」の指定料金券です。席番はA席が窓側、B席が中央、C席が通路側になります(D席はありません)。料金は閑散期のため300円になります。乗車の際にはシーツ・毛布の使用はできません。

Dsc00030_640
上記指定料金券を発券するために必要な「2枚きっぷ」です。

なお、熊本(大分)-東京間でB寝台を確保できなかった場合は、熊本-博多(大分-小倉)間指定席、博多(小倉)-東京間B寝台という方法で確保することができます。その場合特急料金は熊本(大分)-東京、B寝台の区間は博多(小倉)-東京で計算します。この場合、マルス発券はできないため、料金専用補充券で発券します。
寝台特急「はやぶさ」・「富士」の指定席特急券はMV(指定席券売機)でも発券可能です(席番指定も可能です)。

東京発着の寝台特急も終焉を迎えることになりますが、最後の乗車を手軽に乗車することも可能なため、体験乗車もよいのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »