« 「だんだんお座敷」に乗車 | トップページ | 「急行いなわしろ」運転 »

2008年12月 7日 (日)

一畑電車に乗車

「だんだんお座敷」乗車後、一畑電車に乗車しました。

Dsc00301_640
一畑電車の「電鉄出雲市」駅です。JR出雲市駅改札から高架下沿いに1~2分歩いた場所にあります。
なお、「一畑電車株式会社」が正式名称ですが、かつての「一畑電気鉄道」の名残からか、「電鉄」出雲市駅となっているようです。

Dsc00306_640
一畑電車5000系です。元京王5000系を改造したものです。

Dsc00307_640
車内はセミクロスシートです。なお、2人がけが回転シートで、1人がけが転換シートになっています。

Dsc00320_640
一畑電車3000系です。元南海21000系を改造したものです。

Dsc00335_640
車内はロングシートになっています。

Dsc00340_640
一畑電車の出雲大社駅の表示です。かつての大社駅(JR大社線:平成2年廃線、なお大社駅舎は現存)よりも出雲大社に近い場所にあります。

Dsc00384_640
一畑電車2100系です。元京王5000系を改造したものです。先ほどの5000系よりも、京王時代の面影を感じます。

Dsc00381_640
雲州平田駅(一畑電車の本社最寄り駅)構内に停車中の電車です。左側の電車が一畑電車の名物である「デハニ50系」です。

Dsc00393_640
雲州平田駅3番線に到着のデハニ52(後ろの車両はデハニ53)です。

Dsc00394_640
デハニ52のドアです。「手動扉」の表示が時代を感じさせます。なお、昭和の始めにはすでに省線電車にはドアエンジンが装備されています。客車で自動ドアが設置された車両は12系客車(製造初年は昭和44年)からと思われます。

Dsc00856_640
この日に「デハニ50系」に乗車しました。画像は乗車証明書です。

Dsc00431_640
車内のポスターです。なお、上側にある黄色の表示は1995年に受賞した「エバーグリーン賞」の表示です。

Dsc00428_640
デハニ53の製造プレートです。昭和四年と右側から表記してあるのが、時代を感じさせます。

Dsc00471_640
デハニ53の車内です。お座敷になっています。

Dsc00454_640
デハニ52の製造プレートです。デハニ53よりも古く、昭和三年と表記されています。現役最古参でしょうか?

Dsc00468_640
デハニ52の車内です。お座敷になっていますが、デハニ53と違い、脇に通路がありまので、お座席としては、デハニ53より若干狭くなっています。

Dsc00473_640
松江しんじ湖温泉駅に停車中のデハニ50系の編成です。部品確保が困難になったことなどから、来年にも引退することになっているようです。

Dsc00478_640
松江しんじ湖温泉駅の画像です。デハニ乗車の翌日に撮影したものです。

Dsc00489_640
駅の脇には無料の足湯があります。電車及びバス等の待ち時間中に、利用可能です。

Dsc00490_640
松江しんじ湖温泉駅からJR松江駅までゆっくり歩いて30分弱ではないかと思われます。
なお、一畑電車では1500円で「一畑電車フリー乗車券」が発売されています。

|

« 「だんだんお座敷」に乗車 | トップページ | 「急行いなわしろ」運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/26001345

この記事へのトラックバック一覧です: 一畑電車に乗車:

« 「だんだんお座敷」に乗車 | トップページ | 「急行いなわしろ」運転 »