« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月10日 (水)

Kitacaサービス開始日

JR北海道が導入しようとしているICカード乗車券「Kitaca」が平成20年10月25日サービス開始と正式にプレス発表されました。

Dsc03095_640
上記画像は千歳駅の自動改札機です。撮影は4月に行いましたが、一部の改札機にはICカードリーダーが設置されています。

Dsc03097_640
千歳駅の一番右側の改札機です。ICカードリーダーが設置されています。

サービス開始当初は、乗車券機能のみですが、来年には電子マネー及びSuicaとの相互利用(Suica電子マネーを含む)が行われる予定です。なお、札幌市交通局が導入予定の「SAPICA」とは、当面、相互利用は行わないようです(割引の有無の絡みと思われます)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

2008郡山車両基地まつり

平成20年9月6日に、JR東日本の「郡山総合車両センター」で一般公開があり、私も参加してきました。

Dsc08055_640
上記画像が「郡山車両基地まつり」のパンフレットです。郡山駅から徒歩で行くことは可能ですが、駅から送迎列車(郡山駅~基地まつり会場体験乗車)が3往復設定されました。

Dsc08056_640
「体験乗車」は無料ですが、整理券が必要になるため、交付していただきました。Suicaに似せてデザインしたようです。体験列車中のアナウンスで「今後、郡山地区で導入されるSuicaのデザイン」と言っていました。

Dsc08059_640
整理券の裏面です。ヘッドマーク部分はイラストで追加してあります。

Dsc07883_640
「基地まつり会場」行きの列車の先頭から見た状態です。すでに出発信号になってますが、構内走行のため、最徐行で「基地まつり会場」まで走行します。

Dsc07885_640
「すでに出発信号になってます」と書きましたが、構内走行のため、入換信号機が出発になっています。

Dsc07894_640
「体験乗車」のスタフです。「体験乗車」とはいえ、列車番号があるようです。なお、停車場名の「工場」と「郡山」の箇所の表記が逆と思われます。

Dsc07896_640
走行中に見えるこの画像は、455系の解体後の残骸と思われます。

Dsc07990_640
E531系、455系あかべぇ色、719系が見えます。

Dsc07986_640
宮ハエの205系も停車していました(中間車のみ)。

Dsc07901_640
「車体抜き場」の中が終着地点です。

Dsc07903_640
簡易駅名票が設置されていました。なんかローマ字表記がおかしいような・・・

Dsc07906_640
到着直後の「体験乗車」車両です。ヘッドマークは片側のみ設置されてました。
車両は磐越東線の車両を使用しました。

Dsc07909_640
701系と651系の画像です。701系の方は休憩車両になっていました。

Dsc07963_640
10月1日デビューの「みのり」が展示されていました。外観(キハ48-550)のみの展示でしたが、9月14・15日に上野駅13番線ホームで展示会を行うことが決まっています。

Dsc07928_640
1号車の前位側です。運転席直後は、「リゾートしらかみ」と同様に、座席がないようです。台車はDT44Aのままです(車番も種車のままのようです)。

Dsc07920_640
1号車の後位側です。窓のない部分には(車いす対応の)トイレがあるようです。台車はTR227Aのままです。

Dsc07939_640
SL(8620形)もありましたが、教育用に片側が改造されています。

Dsc07959_640
455系S41編成を使用した、「らくがき電車」がありました。

Dsc07960_640
「らくがき電車」の側面です。

Dsc07954_640
「郡山総合車両センター」入口です。今回は「体験乗車」を行ったため、入口から出入りすることはありませんでしたので、あえて撮影しました。

Dsc07948_640
「主電動機展示コーナー」もあり、数種類の主電動機が展示されていました(写真はE501系の主電動機MT70)。

Dsc08057_640
いくつか展示品等を見た後で、復路も「体験乗車」しました。画像は復路の整理券です。往路と図柄を変えてあります(裏面は同じです)。

「みのり」については、3両とも展示できていればよかったと思いますが、現物を早速見ることができたのはよかったかなと思います。来月某日に「リゾートみのり」に乗車することを考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

「ムーンライトながら」臨時化!?

JRの夜行快速「ムーンライトながら」の臨時列車化の可能性が高いと、朝日新聞が報道しています。

080901121943_640

現在の「ムーンライトながら」となったのは、平成8年3月16日からで当初、下り列車は、東京-小田原間全車指定席、小田原-名古屋間一部指定席、名古屋-大垣間全車自由席(7~9号車は、東京-名古屋間の連結)、上り列車は、大垣-熱海間全車指定席、熱海-東京間一部指定席になっていました。

Rimg0_002_640
「ムーンライトながら」の自由席(当時)の車内です。当時は小田原から自由席の車両があり、混雑時には画像のような状況になっていました(通路を歩くのも一苦労!)。

平成19年3月ダイヤ改正から、下り列車は、東京-豊橋間全車指定席、豊橋-大垣間全車自由席(7~9号車は、東京-名古屋間の連結)、上り列車は、全区間全車指定席に変更されました。

Rimg0_004_640
豊橋駅停車中の「ムーンライトながら」の画像です。今回の「臨時列車化」の理由は、ブルートレインの削減と同じようなことが記事には書いてありますが、車両については(ブルートレインの削減とは違い)老朽化したとはいえないと思います(373系の製造は、平成7・8年の製造)。運用は過酷ではありますが・・・

今回、上記報道がされましたが、事実であった場合、運転回数や送り込み運用(321M及び338M)はどのようになるのか興味のあるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »