« 東急目黒線延伸開業前日 | トップページ | 東海道新幹線車内でインターネット »

2008年6月23日 (月)

東急目黒線日吉延伸開業

平成20年6月22日、東急目黒線の武蔵小杉-日吉間が延伸開業しました。

Dsc05192_640_2
武蔵小杉駅発車時の画像です。昨日までは、武蔵小杉終着列車の引き上げ、あるいは元住吉検車区入出庫で使用されていた線路が、本日より旅客営業として使用されます。

Dsc05196_640_2
武蔵小杉-元住吉間は東横線が高架線上の線路を使用し、目黒線が地上の(かつて東横線が使用していた)線路を使用します。用地の関係でこのようになっているようです。

Dsc05200_640
分岐部分です。まっすぐ行くと、高架線上の元住吉駅に到着します。分岐線を行くと、元住吉検車区へ入庫します。なお、東横線も元住吉検車区の入庫には、この分岐部分までは、目黒線と同じ線路を使用します。

Dsc05202_640
勾配をあがって、元住吉駅に到着します。

Dsc05205_640
元住吉-日吉間の画像です。前方に見える列車は都営三田線直通列車です。画像左側の分岐線は、元住吉検車区からの出庫線で、日吉始発の東横線下り列車及び回送列車の運転に使用されます。

Dsc05210_640_2
日吉駅目黒線側の画像です。左側が東京メトロ9000系で、右側が東急電鉄5080系です。5080系の方は、HID前照灯のためか、行き先表示が見にくくなっています。

Dsc05223_640_2
当然のことですが、3番線の表示が昨日とは変わっていました。

Dsc05235_640
元住吉から武蔵小杉方を見たところです。この先(先ほどの分岐の箇所付近)に、踏切があります。

Dsc05241_640
武蔵小杉駅場内の画像です。

Dsc05258_640
東急電鉄5080系の運転台です。ATC(自動列車制御装置)およびTASC(定位置停止支援装置)が稼働しているのが分かります。

Dsc05185_640
日中の急行列車は、30分間隔から15分間隔に増発されました。そのため、武蔵小山駅での緩急接続回数が大幅に増えました。上り列車は、日中の緩急接続はありませんでしたが、今回から日中も武蔵小山駅で緩急接続が行われるようになりました。

Dsc05191_640
ドア上の「各駅停車日吉ゆき」LED表示です。日吉行きになっていますが、路線図は武蔵小杉までしかありません。車両は東京メトロ9000系ですが、準備不足だったのでしょうか?

Dsc05280_640
今回の延伸開業で増備された車両の車いすスペースの箇所の画像です(デハ5585)。

Dsc05179_640
これも、今回の延伸開業で増備された車両の車いすスペースの箇所の画像です(デハ5589)。
いずれも2008年東急車輌製造車ですが、車いすスペースにある手すりに変更があります。5585は2007年度落成で、5589は2008年度落成の関係と思われます。

Dsc05345_640_2
東急3000系と東京メトロ9000系の並びです。なお、左の3000系は回送列車です。日吉からどこまで回送するのかと思ったら・・・

Dsc05348_640
回送列車は、武蔵小山駅の4番線に外泊していました。武蔵小山駅の外泊は、下り側の外泊はありましたが、今回初めて上り側の外泊が行われるようになりました。早朝に目黒始発の下り列車がありますが、これに充当されるのでしょうか?

Dsc05376_640
武蔵小山駅下りホームで撮影しました。1番線外泊もあるようです。今回から武蔵小山駅では列車を2本外泊させるようです。それだけ、元住吉や奥沢の車輌収容力に制限があると言うことでしょうか?

Dsc05386_640
1番線に到着直後に撮影した画像です(運用番号は03K)。

Dsc05389_640
このすぐあとに、車内灯を消し、パンタグラフを下げました。

地下鉄副都心線の時のような、遅れ等はなかったように思いますが、月曜日以降どうなるでしょうか?混雑緩和はどうなるか、興味のあるところです

 

|

« 東急目黒線延伸開業前日 | トップページ | 東海道新幹線車内でインターネット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/21822538

この記事へのトラックバック一覧です: 東急目黒線日吉延伸開業:

« 東急目黒線延伸開業前日 | トップページ | 東海道新幹線車内でインターネット »