« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月26日 (木)

東海道新幹線車内でインターネット

東海道新幹線車内でのインターネット接続サービスを、平成21年3月に開始することが決まったようです。

プレス発表版はここに書いてあります。

Dsc03647_640
先月乗車したN700系車内で、PCの「ワイヤレスネットワークの接続」を設定すると、画像のようなアクセスポイントが表示されます。すでにこの時点でインターネット接続の環境は整っているように思われます。

同時期をめどに東海道新幹線各駅待合室で「公衆無線LANサービス」を行うことができるようになるようです(現在は「のぞみ」停車駅のみ)。

実現が待ち遠しいのですが、無料で接続できるのか、会費が必要になるのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

東急目黒線日吉延伸開業

平成20年6月22日、東急目黒線の武蔵小杉-日吉間が延伸開業しました。

Dsc05192_640_2
武蔵小杉駅発車時の画像です。昨日までは、武蔵小杉終着列車の引き上げ、あるいは元住吉検車区入出庫で使用されていた線路が、本日より旅客営業として使用されます。

Dsc05196_640_2
武蔵小杉-元住吉間は東横線が高架線上の線路を使用し、目黒線が地上の(かつて東横線が使用していた)線路を使用します。用地の関係でこのようになっているようです。

Dsc05200_640
分岐部分です。まっすぐ行くと、高架線上の元住吉駅に到着します。分岐線を行くと、元住吉検車区へ入庫します。なお、東横線も元住吉検車区の入庫には、この分岐部分までは、目黒線と同じ線路を使用します。

Dsc05202_640
勾配をあがって、元住吉駅に到着します。

Dsc05205_640
元住吉-日吉間の画像です。前方に見える列車は都営三田線直通列車です。画像左側の分岐線は、元住吉検車区からの出庫線で、日吉始発の東横線下り列車及び回送列車の運転に使用されます。

Dsc05210_640_2
日吉駅目黒線側の画像です。左側が東京メトロ9000系で、右側が東急電鉄5080系です。5080系の方は、HID前照灯のためか、行き先表示が見にくくなっています。

Dsc05223_640_2
当然のことですが、3番線の表示が昨日とは変わっていました。

Dsc05235_640
元住吉から武蔵小杉方を見たところです。この先(先ほどの分岐の箇所付近)に、踏切があります。

Dsc05241_640
武蔵小杉駅場内の画像です。

Dsc05258_640
東急電鉄5080系の運転台です。ATC(自動列車制御装置)およびTASC(定位置停止支援装置)が稼働しているのが分かります。

Dsc05185_640
日中の急行列車は、30分間隔から15分間隔に増発されました。そのため、武蔵小山駅での緩急接続回数が大幅に増えました。上り列車は、日中の緩急接続はありませんでしたが、今回から日中も武蔵小山駅で緩急接続が行われるようになりました。

Dsc05191_640
ドア上の「各駅停車日吉ゆき」LED表示です。日吉行きになっていますが、路線図は武蔵小杉までしかありません。車両は東京メトロ9000系ですが、準備不足だったのでしょうか?

Dsc05280_640
今回の延伸開業で増備された車両の車いすスペースの箇所の画像です(デハ5585)。

Dsc05179_640
これも、今回の延伸開業で増備された車両の車いすスペースの箇所の画像です(デハ5589)。
いずれも2008年東急車輌製造車ですが、車いすスペースにある手すりに変更があります。5585は2007年度落成で、5589は2008年度落成の関係と思われます。

Dsc05345_640_2
東急3000系と東京メトロ9000系の並びです。なお、左の3000系は回送列車です。日吉からどこまで回送するのかと思ったら・・・

Dsc05348_640
回送列車は、武蔵小山駅の4番線に外泊していました。武蔵小山駅の外泊は、下り側の外泊はありましたが、今回初めて上り側の外泊が行われるようになりました。早朝に目黒始発の下り列車がありますが、これに充当されるのでしょうか?

Dsc05376_640
武蔵小山駅下りホームで撮影しました。1番線外泊もあるようです。今回から武蔵小山駅では列車を2本外泊させるようです。それだけ、元住吉や奥沢の車輌収容力に制限があると言うことでしょうか?

Dsc05386_640
1番線に到着直後に撮影した画像です(運用番号は03K)。

Dsc05389_640
このすぐあとに、車内灯を消し、パンタグラフを下げました。

地下鉄副都心線の時のような、遅れ等はなかったように思いますが、月曜日以降どうなるでしょうか?混雑緩和はどうなるか、興味のあるところです

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

東急目黒線延伸開業前日

明日、東急目黒線が日吉まで延伸開業されます。

本日、東急目黒線に乗車しました。

Dsc05132_640
画像は東急目黒線目黒行き(列車番号208142)です。明日のダイヤ改正から日中の「目黒シャトル」列車が廃止されます(深夜時間には目黒行きが存続します)。なお、車両は今回の延伸開業向けに増備された編成です。内装も従来車から若干変更されています。

Dsc05149_640
元住吉-日吉間走行中の画像です。東横線が外側2線を使用し、目黒線が内側2線を使用します。

Dsc05155_640
日吉駅2番線に東急3000系が留置してありました。出歯止めを設置していたため、明朝まで留置するものと思われます。

Dsc05159_640
日吉駅上りホームの表示です。3番線の表示は「ご乗車になれません」となっていますが、明日には変わることでしょう。

Dsc05161_640
3番線にある乗車位置表示です。「先発」、「後発」、「後々発」の表示が見えます。始発駅になるために、このような表示があるものと思われます。なお、東横線ホームにはこのような表示はありません。

Dsc05166_640
上りホームの電光案内表示です。明日には3番線の表示も変わるでしょう。

Dsc05168_640
横浜方の画像です。留置線は2線になっており、右留置線に3000系が停車しているのが分かります。
2・3番線は目黒線発着ホームになりますが、画像にあるように、東横線から日吉駅の2・3番線に入出することは可能になっています。土休日夜間に東横線上り「急行日吉行き」の設定がありますが、到着後どのような運用になるのでしょうか?

Dsc05154_640
今回のダイヤ改正で配布される「東急電車時刻表」の告知です。地下鉄直通電車については、東急線に直通する列車のみ掲載されています。

明日乗車する予定でいますが、天候の関係でどうなるか・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

TJライナーに乗車

平成20年6月14日(土曜)、東京メトロ副都心線の開業と同じ日に東武鉄道東上線もダイヤ改正を行いました。
そのダイヤ改正で運転開始したのが「TJライナー」です。

Dsc05054_640
運転開始初日のため、出発式が行われました。

Dsc04813_640
TJライナーの着席整理券券売機です。料金は300円です。

Dsc04815_640
池袋駅の改札付近で撮影した画像です。午前8時30分頃にもかかわらず、TJライナー1号は満席になっていました(TJライナー1号車は池袋発17時です)。私も購入できませんでしたが、後で人づてに入手しました。

Dsc05106_640
これが「TJライナー1号」の着席整理券です。なお、磁気券ではなく(裏面は白色)、裏面には「自動改札機には入れないでください」の記述があります。

TJライナーは専用車である、50090系を使用します。池袋駅に列車が入線後、座席が自動で回転します。
以下5つの画像は座席の自動回転の様子です。
Dsc05061_640

Dsc05062_640

Dsc05063_640

Dsc05064_640

Dsc05065_640

1列車(TJライナー1号)は定刻通りに池袋駅を出発しました。

Dsc05107_640
列車発車後、しばらくしてから案内員によって「記念乗車証明証」及びボールペンが乗客に配布されました。
このことは、事前に東武鉄道HPに掲載されていました。なお、配布はふじみ野駅到着までです。なお、ふじみ野駅以遠は、着席整理券がなくても乗車可能になります。

Dsc05071_640
車内の座席配置です。座席は任意に回転できますが、リクライニングはしません。

Dsc05070_640
優先席付近の画像です。このシートはクロスシート化はしません。座席にヘッドレストが付いていますが、このシートを見ると、形状は違いますが、JR九州の713系のシートを思い出します。

Dsc05075_640
初日のためか「祝 TJライナー DEBUT!2008.6.14」の表示が見えます。

乗車してみて、東上線にしては結構快適だったように感じました。これまでクロスシート車が(私の経験した限りでは)なかったためですが、このような列車が設定されたのはよかったことだと思います。
機会があればまた乗車したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

地下鉄副都心線開業!

平成20年6月14日(土曜日)、東京メトロ副都心線が開業しました。

東京メトロ副都心線は、和光市から小竹向原・池袋を経由し、新宿三丁目・渋谷までの路線です(和光市-池袋間はすでに開業済み)。和光市-小竹向原間は副都心線ということになりますが、一般的には有楽町線と認識されているようです(今回も和光市-小竹向原間は有楽町線との共用区間と案内されているようです)。
有楽町線は小竹向原から練馬方面の路線です(小竹向原-練馬間は「西武有楽町線」です)。

まず、新宿から丸ノ内線で新宿三丁目駅に行きました。なお自動放送には新宿三丁目で「副都心線」乗り換えの案内はありませんでした。

Dsc04816_640
画像にあるように丸ノ内線新宿三丁目駅の池袋方に、副都心線への連絡通路ができていました。

Dsc04821_640
西武鉄道6000系の車両を使用した、急行飯能行きです(西武線内は急行ではありません)。東京メトロ副都心線と西武鉄道池袋線は、渋谷-飯能間を相互直通運転しています。

Dsc04830_640
東武鉄道9000系の車両を使用した、急行渋谷行きです。東京メトロ副都心線と東武鉄道東上本線は、渋谷-森林公園間を相互直通運転しています。

Dsc05085_640
今回の相互直通列車の設定で、注意しなければならないのは、地下鉄線内と東武・西武鉄道線内で列車種別の異なるものが多数あるということです。上記画像の場合、地下鉄線内のみ急行運転ということのため、地下鉄線内までは別の列車に乗車した方が目的地に早く到着する場合があるということになります(その逆もあり)。

Dsc04832_640
新宿三丁目駅の高島屋方面改札口です。

Dsc04837_640
新駅はデザイン等も考慮されているようで、このように改札外から駅ホームと電車を見ることができるようです。

Dsc04839_640
副都心線で渋谷駅まで移動後、駅構内を撮影しました。
この画像は渋谷駅の南側の部分を撮影したものです。レールが途中で切れている状態ですが、この先、東急東横線方面へ直通運転することが決まっています。

Dsc04841_640
渋谷駅は2面4線の駅になるようで(東急東横線渋谷駅がこの場所に移転することになっています)、現時点では2面4線にするまでもない本数のため、中2線は未使用の状態にしているようです。

Dsc04847_640
渋谷駅を発車しようとしているところです。前述のため、駅ホームは広く感じます。

Dsc04843_640
駅構内に出ている副都心線の路線図です。

Dsc04844_640
駅名表とホームドアの案内です。8両編成と10両編成があるので、実際に乗車する場合は注意が必要になります。

Dsc04851_640
通路はかなり広く感じます。駅の警備員が、この手前の通路から副都心線に乗車するように案内していたため、この通路にはほとんど人通りがありませんでした。

Dsc04869_640
渋谷駅の表示です。「地下鉄副都心線の渋谷駅」と一般には認識されていますが、「東急電鉄」の渋谷駅と主張しているように見えます。駅業務は東急電鉄が行っており、将来は東急東横線の駅(現在位置から地下に移転)にもなることが決まっている事情があるものと思われます。なお、東急田園都市線(地下鉄半蔵門線)の渋谷駅と改札内でつながっています(こちらも駅業務は東急電鉄が行っています)。

Dsc04856_640
駅改札外からこのような光景を見ることができます。デザインが考えられているようです。

Dsc04855_640
改札前コンコース(地下3階)から太陽光が差し込んでいるのが分かります。オレンジ色の支柱は耐震強度を考慮して設置されているのでしょうか?

Dsc04866_640
改札前コンコースにあるエレベータの隣にある表示です。

Dsc04867_640
この場所にはかつて「東急文化会館」(昭和31年開業)があった箇所で、すでに解体されていますが、再開発が予定されています。

Dsc04868_640_2
外には上記画像のような垂れ幕が出ていました。

Dsc04860_640
JR渋谷駅構内にある広告です。副都心線開業を意識しているようで、JRの方が便利で安いことをアピールしているようです。マスコミなどで副都心線で池袋-渋谷間は(急行で)11分で行くことができ、山手線よりも速いと盛んに言っていましたが、埼京線(湘南新宿ライン)との比較を取り上げているマスコミは私の知る限り、あまりなかったように思います。

Dsc04889_640
渋谷駅の明治神宮前方面にはこのような光景を見ることができます。
画像は渋谷駅を発車した列車です。将来2面4線の駅にすることが分かるものと思います。

Dsc04911_640
明治神宮前駅を発車した、各駅停車渋谷行きです。東京メトロ10000系8両編成です(右下に「8CARS」の表示があるのが見えます)。

Dsc04918_640_2
千代田線乗り換え連絡階段です。改札を出ることなく、乗り換えが可能です。

Dsc04922_640
明治神宮前駅入口です(今回新設されたものです)。

Dsc04972_640
北参道駅入口です。

Dsc04966_640
北参道駅に停車中の列車です。左側が各駅停車渋谷行き、右側が各駅停車西武球場前行き(通常は清瀬行き)です。この駅で両列車とも2分くらい停車していました。原因は不明ですが、当日は列車の遅れが結構あったようです。

Dsc04962_640_2
北参道駅構内のベンチです。

Dsc04980_640
新宿三丁目駅は先ほど下車したため、東新宿駅まで来ました。画像は駅入口です。右側の建物はホテルサンルート東新宿です。なお、都営地下鉄大江戸線との接続駅ですが、乗り換えには少し時間がかかるようです。

Dsc04978_640
東新宿駅の改札です。

Dsc04984_640
東新宿駅は上下2層式の駅で(明治通りの路幅に合わせたためか)、A線(渋谷方面)が上で、B線(和光市方面)が下になっています。この駅で各駅停車が急行列車の待避を行います(列車によっては、待避のない場合もあります)。なお急行列車通過線側は壁になっています。
なお、当日はダイヤが多少乱れていたため、急行列車を待避する各駅停車は、10分近く停車している列車がありました。16日以降の平日はどのようになるのでしょうか?混乱しなければよいと思いますが・・・

Dsc04990_640
停車中に撮影した東京メトロ7000系(改造車)の運転台です。運転台はワンハンドルマスコン化されており、上側に後方確認用のモニターが設置されています(小竹向原-渋谷間はワンマン運転、なお、14日は車掌が乗っていました)。

Dsc04991_640
同列車の編成表です。有楽町線で10両編成時の時と、編成が組み替えられているのが分かります。

Dsc05008_640
西早稲田駅の入口です。

Dsc05012_640
西早稲田駅構内の連絡通路です。「早大理工」の方へ行くと、早稲田大学大久保キャンパス構内に出ます。

Dsc05004_640
早稲田大学キャンパス構内の画像です。東京メトロ副都心線西早稲田駅入口の表示が見えます。

Dsc05000_640
西早稲田駅早大理工方面改札の画像です。

Dsc05014_640
西早稲田駅ホームです。駅シールドの構造になっているようです。

Dsc05027_640
雑司が谷駅入口です。

Dsc05021_640
駅の外側を見たところです。入口のすぐ前に都電荒川線が通っているのが分かります。

Dsc05022_640_2
都電荒川線用の9000系車両です。「レトロ電車」ということになっていますが、シングルアーム式パンタグラフなど最新装備がなされています。なお、後方に見える電停は「鬼子母神前」で、東京メトロ副都心線の乗換駅になっています。なお、都電荒川線に「雑司ヶ谷」駅がありますが、接続駅ではないことなどで「都電雑司ヶ谷」駅に改名しています。メトロ雑司が谷駅と荒川線鬼子母神前駅とは約100メートルの距離です。

Dsc05039_640
ここは池袋駅(13日までは新線池袋駅)の丸ノ内線連絡通路です。
先週の副都心線開業数日前の時に同じ場所で撮影しました(そのときは完成前です)。
地下鉄丸ノ内線へも改札内乗り換えが可能になっています(有楽町線とは改札外乗り換えになります)。

Dsc05041_640
池袋駅構内の表示です。先週も同じものを撮影しましたが、「新線」の箇所が「副都心線」に変わっています(上から貼っているだけですが・・)。

Dsc05052_640
有楽町線池袋駅で撮影した画像です。当然のことながら、有楽町線もダイヤ改正を行いました。有楽町線内に「準急」が設定され、画像の列車は池袋の次が小竹向原になります(要町・千川は通過)。そのため有楽町線に乗車する場合も注意が必要です(従来は地下鉄線内は全列車各駅停車でした)。
なお左側にある「Y」の表示は、有楽町線運用車を表しているものと思われます(副都心線渋谷方面には運用に入らない)。なお、東武鉄道・西武鉄道の有楽町線運用専用車にも「Y」マークが付いています。

Dsc05090_640
さすがに関心が高かったようで、鉄道に興味のなさそうな人々も次々に撮影していました(そのような人のほとんどはケータイカメラでしたが・・)。

東京メトロ最後の新線といわれる副都心線が開業しました。混雑等の遅延くらいでしたが、平日に同様のことが起こると、乗客の信頼性が損なわれる可能性があるため、極力遅延がないように期待したいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 9日 (月)

副都心線開業数日前

先週末、「新線池袋」駅に行き、有楽町新線(14日からは副都心線)に乗車しました。

Dsc04654_640
池袋駅西口に出ると、上記画像のような垂れ幕が出ていました。

Dsc04662_640
池袋駅構内に表示されている案内表示です。「新線」と出ているのが、14日以降は「副都心線」に変わるものと思われます。

Dsc04672_640
「新線池袋」駅の改札です。「新線のりば」と表示されていますが、これも「副都心線」になるものと思われます。

Dsc04680_640
改札を入り、階段を下りると、上記画像が見えます。ここから丸ノ内線へ連絡できるように通路が新設されたようです。

Dsc04665_640
駅構内にある「副都心線開業に伴う乗り換えの案内」が出ています。池袋及び渋谷駅での東京メトロ線相互の乗り換えの可否が分かります。

Dsc04684_640
「新線池袋」駅乗り場への通路の画像です。「新線」と「副都心線」の双方が表示されており、移行期であることが分かります。

Dsc04689_640
路線図案内です。隠してある箇所は14日に明らかになりますが、副都心線の案内が出るものと思われます。
なお、副都心線開業後は、要町・千川の両駅も副都心線の列車が停車するようになります(各駅停車のみ)。

Dsc04690_640
「新線池袋」駅ホームの行先案内です。開業前ですが「渋谷」の表示が見えます。なお、ここに表示されているとおり、8両編成の列車が設定されます(現時点では全列車10両編成)。

Dsc04716_640
副都心線用に改造された、東京メトロ7000系です。「8CARS」の表示のとおり、8両編成です。元来10両編成の列車を8両に改造して投入したのは、将来の東急東横線直通を考慮したものと思われます(現時点で、東急東横線は全列車8両編成)。なお、編成によっては「8CARS」の表示のない、8両編成もあります。

Dsc04721_640
駅名表示です。池袋(新線)と表示されています。奧の表示は、「池袋」のみです。

Dsc04793_640
和光市駅で撮影した画像です。複数の車両を使用して、盛んに試運転が行われています。

Dsc04772_640
新木場行きの東武鉄道の車両です(50070系)。前面にダイヤ改正のPRが出ています。
「新・東上線新登場!6.14ダイヤ改正」の文字が見えます。

Dsc04764_640
なお、ダイヤ改正を前にして、東武東上線から「特急」が引退することになりました(画像の列車は8000系)。存在感のない特急列車でしたが、「TJライナー」などに置き換わるものと思われます(車両は当面残ります)。

Dsc04811_640
ダイヤ改正に先立ち、東武鉄道と西武鉄道は時刻表を発売しました(東武版は200円・西武版は350円)。

開業まであと数日です。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

山手線6ドア車撤退

山手線は現在1編成11両で、7号車と10号車には6ドア車が連結されていますが、数年内に撤退するようです。

T230501_640
山手線の6ドア車、サハE230-501です。現在のE231系500番台が投入されたのは平成14年からですが、このたび「可動式ホーム棚」の設置が決定したため6ドア車には対応できないために撤退するようです。

JR東日本の「グループ経営ビジョン」ですでに、山手線への「可動式ホーム棚の設置」が発表されていました。
本日発表の情報によれば、まず2010年度に恵比寿駅・目黒駅に先行導入されるようです。
山手線は路線開業が古いために、大規模な構造改良(「可動式ホーム棚」を床面に固定させるための強度を確保するための工事等)が必要になるようです。さらにTASC(定位置停止装置:定位置に列車を止めることができるようにする運転支援装置)も導入するようです。さらに、6ドア車に対応できないために、6ドア車を取り替えるようです。
この場合、6ドア車のみを取り替えるのか、あるいは新形式車両(E235系?)の導入か、興味のあるところです。

Dsc02279_640
可動式ホーム棚(ホームドアとも呼ばれる)の例です。この駅は東急目黒線日吉駅(6月22日開業予定)の画像です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »