« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

グリーンライン開業

3月30日、「グリーンライン」が開業しました。
「グリーンライン」とは、東急電鉄の日吉駅とJR横浜線の中山駅を結ぶ、横浜市営地下鉄の愛称名で、正確には地下鉄4号線です。従来の地下鉄1号線及び3号線(あざみ野-湘南台)は「ブルーライン」と呼ばれています。

Dsc02185_640
地下鉄中山駅の入口です。愛称名の「グリーンライン」が表示されています。なお、入口右側の青文字は、横浜(Yokohama)のYの文字をデザイン化したものです。

Dsc02186_640
記念乗車券が発売されたようです。私は購入しませんでしたが、朝6時前というのに、すでに数十人いたようです。一人1セットまでとは、転売屋対策なのでしょうか?

Dsc02193_640
中山駅の自動改札機です。両端にある色が変わっている改札機は、PASMO専用改札機です。

Dsc02196_640
「グリーンライン」利用キャンペーンが行われるようで、PASMO又はSuica定期券で、該当箇所にタッチ(1日1回のみ)し、ポイントがたまると、商品が(先着及び抽選で)もらえるようです。

Dsc02203_640
ホームと車内の床面の段差が、かなり解消されています。なお、全駅ホームドア付きになっています。

Dsc02214_640
側面に「祝開業」のシールが貼ってありました。両脇に出ているキャラクターは「はまりん」というようです。なお、「はまりん」には誕生日があり、今年の誕生日で10歳のようです(地下鉄の開業と直接関係ありませんが)。

Dsc02258_640
「グリーンライン」の車内です(横浜市交通局10000系)。車内は一般の鉄道線の車内と比べて、かなり小さいようです。大人が背伸びしなくても、手を伸ばせば天井につく高さです。車両は4両編成ですが、6両編成に対応できるように設計されているようです。

Dsc02206_640
座席は7人がけです。つり革は最近の新車のように、一部のつり革が、背が低い人にもつかまることができるようになっているのが分かります。

Dsc02211_640
周辺の他の鉄道会社と異なり、横浜市営地下鉄は、全席優先席という考え方をしているようです。そのため、他の鉄道会社の車両にあるような、「優先席付近のつり革の色をオレンジ色にしている」ということは行っていないようです。

Dsc02216_640
列車の前面の画像です。行き先はLED表示で、普通列車しかありませんが「普通」の表示があります。「祝開業」の飾り付けも遠慮がちについています。なお、運転台は進行方向右側に設置されています。

Dsc02228_640
地下鉄とはいえ、地上区間もあります。ここは川和町駅近辺の画像です。

Dsc02242_640
センター北駅付近の画像です。右側に「ブルーライン」の車両が見えるのが分かります。

Dsc02246_640
車内LCDの画像です。基本的にJR東日本のE233系や東急電鉄5050系などと同じ表示です。なお、ディスプレイはE233系や5050系などとは違い、1箇所に1台です(公営交通のため、予算があまり使えないからでしょうか)。
なお、北山田や東山田の山田は「やまだ」ではなく、「やまた」です。その次の高田も「たかた」です。神奈川県内の駅は「田」を「だ」ではなく、「た」で呼んでいることが多いように感じます(長津田など)。

Dsc02256_640
車いすスペース付近の画像です。各車両に車いすスペースがあるようです(車いすスペースは通常、1編成に1~2箇所)。

Dsc02264_640
日吉駅の改札です。東急側へは乗り継ぎが比較的楽にできるようになっています。一旦改札を出ますが、すぐ目の前に、東急の改札があります。

Dsc02274_640
横浜市営地下鉄日吉駅の入口です。東急電鉄日吉駅は、道路を挟んだ反対側にあります。

Dsc02277_640
東急電鉄日吉駅の改札です。東急東横線日吉駅と出ていますが、6月には目黒線も、武蔵小杉から延伸開業する予定です。正式な開業日は、まだ明らかになっていませんが、東京メトロ副都心線が6月14日に開業するため、その近くの日付になることが考えられます。

Dsc02266_640
「グリーンライン」を全線通しで乗車すると、画像のとおり、290円になります。
今回は、時間の関係で片道乗車のみになりましたが、本日開業の路線は「グリーンライン」のみではありません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

品川駅15番線ホーム(ダイヤ改正)

3月15日、JRダイヤ改正が施行されました。
先日品川駅15番線ホームでお知らせしたように、品川駅15番線ホームが営業を開始しました。

Dsc01660_640
上記画像は、横須賀線下りホームは15番線に変更された旨の案内です。品川駅ホームの駅員もしきりに本日から変更された旨、案内していました。

Dsc01666_640
15番線ホームが新設されたことに伴い、横須賀(総武快速)線下りから東海道新幹線への乗り換えが便利になったようです。

Dsc01670_640
コンコースから15番線ホームへの連絡口です。エレベータも併設されています。

Dsc01673_640_2
15番線ホームから、14番線側を見た画像です。乗車位置案内のシールが新しいのが分かります。

Dsc01678_640
別角度の画像です。以外に広く作ってあるのが分かります。なお、階段付近に(15両編成の)グリーン車が停車します。

Dsc01677_640
15番線ホーム上にある自動販売機です(Suica対応です)。

Dsc01680_640
ホーム上のSuicaグリーン券売り場です。

Dsc01681_640
ホーム上に売店はありますが、商売をする意欲があるとは思えないような営業時間です。

Dsc01682_640
ホームへ降りる途中のところから撮影しました。画像左側に東海道新幹線の品川駅が見えます。

15番線ホームの営業開始に伴い、14番線ホームは折返しホームとして使用されます。
なお、14番線を使用する列車は以下のとおりです。
467S             4時30分                    久里浜行き
731S~830S       8時14分~24分           津田沼行き*
855S~954S       9時04分~21分           津田沼行き*
2106M~2117M 10時04分~23分           NEX17号
2014M~2023M 11時53分~12時23分   NEX23号
3353M                 20時40分~43分          ホームライナー逗子*
2364S                 0時27分                      品川(終着)
*をつけてある列車は平日のみ運転されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EX-ICカードを入手

エクスプレス予約の「EX-ICカード」が到着しました。3月29日からEX-ICサービスが利用できるようになります。

Dsc01648_640
EX-ICカードの画像です。右上のロゴから見て、JR西日本用です。

Dsc01647_640
EX-ICカードの裏面です。なお、EX-ICカードで乗車できる場合でも、J-WESTカードなどのクレジットカードを所持することを推奨しているようです。カードの右下にはカード番号が入っています。
Suicaでは「JE・・・」、ICOCAは「JW・・・」に相当する番号ですが、EX-ICカードは「EX・・・」と表示されています。
なお、当面は東海道新幹線の乗車のみ使用できます。山陽新幹線は平成21年夏頃から実施される予定です。

Dsc01646_640
同時に送られてきた冊子です。80ページ近くあって、読解するのに時間がかかるような気がします。鉄道に関する知識はある人は、使いこなすことが可能と思われますが、そうではない人はどうなのかなと思います。

EX-ICサービスで注意しなければならないのは、
・新幹線と同一の在来線区間は乗車できない
・「特定都区市内」制度は適用されない
ということです。

EX-ICサービスでは運賃料金が通常よりも安くなります。
東京-新大阪は通常の購入では14050円(運賃+通常期の指定席)ですが、EX-ICサービスでは13000円です(通常期・繁忙期・閑散期とも同額)。
なお、「特定都区市内」制度は適用されないため、乗車区間によってはEX-ICサービスの方が高くつく場合があります。

例:成東-和歌山を乗車する場合
通常の購入:15410円(運賃9870円・のぞみ特急料金5540円、通常期の場合)
EX-ICサービス:15490円(成東-東京の運賃1280円+EX-ICサービス13000円+新大阪-和歌山1210円)
となりますので、購入時にはEX-ICサービスを利用するかどうかは検討の余地があります。

なお、3月29日から、在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合にSuica等で自動精算ができるようになるようです。
ただし、利用の仕方によっては、係員のいる通路で精算か、Suica等の処理が必要になります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月 9日 (日)

常磐線グリーン車2008

本日、常磐線普通列車グリーン車に乗車しました。
昨年3月18日に普通列車グリーン車が正式に営業を開始してから、初めて乗車しました。

このパンフレットは「グリーン車1周年キャンペーン」に伴うドリンクサービスプレゼント(期間限定)のお知らせです。なお、このキャンペーンは「常磐線グリーン車」のみであり、東海道線等のグリーン車については対象としていません。
Dsc01640_640

ドリンクサービス品です。ナチュラルウォーター・緑茶・オレンジジュースから1つを選択できるようです。
Dsc01615_640_3

北千住を過ぎ、TX(首都圏新都市鉄道)と併走しているところです。
Dsc01616_640_2

本日乗車したグリーン車の車内です。このような乗車率を考えると、「グリーン車1周年記念」サービスと言えば聞こえがよいですが、実際には、乗車率が他の路線のグリーン車と比べて、かなり悪いのではないかと想像できます。
Dsc01618_640_2

「グリーン車キャンペーン」は3月14日までの10時から16時までです。上記パンフレットの右下にある「クーポン券」が必要になりますので、乗車の際にはご注意ください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

TOICA静岡デビュー

既報のとおり、3月1日、JR東海のICカード「TOICA」が静岡地区にもデビューしました。

3月1日午前8時から発売するとのことで、間に合うように行くため、新幹線を使用しました。

Dsc01530_640
乗車前日に発行していただいた「エクスプレス予約によるe特急券」です。「e特急券」は指定席でも自由席でも同額なので、指定席を使用した方が得をするのですが、列車自体が混まないと思われたため、あえて自由席特急券としました。

Dsc01601_640
西日本旅客鉄道株式会社と印字されていますが、J-WESTカードによる決済であり、実際にはJR東海の駅で発券しました。乗車券の地紋に「C」が表示されているのがよく見ると分かります(JR西日本の場合は地紋は「W」になります)。

Dsc01584_640
現地で入手した「TOICA静岡デビュー」のパンフレットです。TOICAエリア外には乗り越せないことと、新幹線には乗車できないことが書いてあります。なお、近い将来に行われる予定のSuica・ICOCAとの共通利用については記述がありません。

Dsc01585_640
購入した台紙付きのTOICAです。8時から発売でしたが、実際に購入できたのは8時45分頃でした。しかし、首都圏で発売する記念Suicaの時ほどには混んではいないように感じました。

Dsc01588_640
購入したTOICAの裏面です。「新幹線のご利用は別に定めた場合に限ります」の記述がありますので、条件付で乗車できるように解釈できますが、実際にはパンフレット等にあるように、新幹線には乗車できません。さらに、「当社が定めた表示のある店舗等においてもご利用いただけます。」の記述がありますが、TOICAエリアで使用できる店舗はありません。

Dsc01589_640
今回のTOICA静岡デビューを前に改訂版が出た「TOICAご利用案内」です。

Dsc01542_640
三島駅の伊豆箱根鉄道乗り換え口です。自動改札機が設置されていますが、TOICAを使用することはできません。このことは「TOICAご利用案内」の裏に記述があります。

Dsc01590_640
TOICA購入のおまけです。携帯クリーナー及びメモパッドです。このおまけでは、記念TOICA発売駅によって違うものと思われますが、発売箇所にはなく、購入後改札口にありましたので、いただいてきました。

なお、今月29日に「ICカード相互利用サービス」を記念してSuica(50000枚)・TOICA(20000枚)・ICOCA(30000枚)が発売されるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »