« 年末年始の旅2007-2008(その1) | トップページ | 年末年始の旅2007-2008(その3) »

2008年1月 5日 (土)

年末年始の旅2007-2008(その2)

三木鉄道乗車の翌日、寝台特急「なは・あかつき」に乗車しました。
乗車時の乗車券類は年末・年始西日本乗り放題きっぷを使用しました。

「年末・年始西日本乗り放題きっぷ」では寝台列車には乗車できない旨の記述が、時刻表に掲載されていますが、厳密には間違いです。あくまでも「寝台の設備(立席を含む)」は使用できないのであり、普通車指定席には乗車可能です(「あかつき」のレガートシートや「サンライズ瀬戸・出雲」のノビノビ座席は、JR西日本管内であれは利用できます)。

Dsc09823_640
上記画像は、「あかつき」のレガートシートです。夜行高速バスに対抗して、平成2年に導入されたものです。
3列独立シートは、以前の普通車座席車にはありませんでした(グリーン車の3列シートは、定期運用の列車としては、国鉄時代末期に登場しましたが、3列独立シートではありません)。新幹線との乗継割引も可能なため、従来よりも安く利用できるようになったのは、歓迎すべき事でしたが、3月14日をもって、列車が廃止されることになり、この車両も廃車されるものと思われます。なお、相方の「なは」にもレガートシートが連結されていましたが、こちらは、一足先に引退しています(一説にはアスベスト対策で引退したという噂がありますが・・)。

Dsc09820_640
夜行列車については、おおむね深夜帯については車内灯が減光されますが、「あかつき」の場合は、上記画像のように真っ暗に近い状態になります。

Dsc09822_640_3
複数のサイト上で「グリーン車なみの座席」などと紹介されていますが、画像を見るとおり、当時ばかりか、現在運用されているグリーン車座席以上のシートと思われます(夜行列車に特化したためでもありますが)。
リクライニングの角度は言うまでもなく、フットレスト、レッグレスト、オーディオの設備も設けられています。

Oha14302_640
「レガートシート」の外観です(別な日に長崎駅構内で撮影)。

まもなく引退しますので、早めの体験乗車をされた方がよいものと思います。

|

« 年末年始の旅2007-2008(その1) | トップページ | 年末年始の旅2007-2008(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/9731020

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始の旅2007-2008(その2):

« 年末年始の旅2007-2008(その1) | トップページ | 年末年始の旅2007-2008(その3) »