« 京浜東北線E233系 | トップページ | 年末年始の旅2007-2008(その2) »

2007年12月30日 (日)

年末年始の旅2007-2008(その1)

12月28日夜より、年末年始の旅を開始しました。
29日は、三木鉄道三木線に乗車しました。三木鉄道三木線は、元々国鉄三木線であった路線を、昭和60年に第3セクター三木鉄道に転換し再出発しましたが、平成20年3月31日をもって廃止が決定しました。
その前に、加古川線に乗車し、厄神駅まで行きました。

一瞬、「薄汚れた電車」に見えますが、これはラッピング電車であり、イラストが描いてあります。なお、この電車は103系(3550番台)です。
Dsc09580_640

厄神駅に進入する三木鉄道の車両(ミキ300形)。なお、レールはJR加古川線とはつながっていません(改札は、JRと共用。なお、三木鉄道の乗車券は発売していません)。
Dsc09585_640

ミキ300形の車内。第3セクター路線ではよく見られる仕様になっています。
Dsc09591_640

ミキ300-103のデジタル運賃表。車番プレートの左側に、製造プレートが出ています。この車両は三木鉄道発足当初のものではなく、転換時に導入された車両の老朽化に伴い、新製されたものです。製造して、10年ほどしか経過していないため、三木鉄道廃止後の車両の行方が気になるところです。
Dsc09601_640

三木駅舎の画像。左側に「平成20年3月31日をもちまして廃止と決りました・・・」の文字があります。
Dsc09603_640

三木駅では、記念グッズが発売されており、私も増収に貢献(?)しました。

開業90周年記念入場券。三木、石野、別所、国包駅の入場券が入っています(600円)。
Dsc09704_640

マウスパッドです。「さようなら三木鉄道」の文字が・・・(1000円)
Dsc09706_640

なお、普通乗車券は三木鉄道では販売していません。車内で支払う方式です。
そのため、車内に「乗車駅証明書発行機」があります。
Dsc09593_640

この「証明書」なしで厄神駅で下車してしまうと、下車した時点ではJR改札内のため、三木鉄道からの乗客か、JR線の無札の乗客か判別できないためと思われます。
現時点では列車もあまり混んでいないため、早めにお別れ乗車をされるのがよいものと思います。

|

« 京浜東北線E233系 | トップページ | 年末年始の旅2007-2008(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/9628658

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始の旅2007-2008(その1):

« 京浜東北線E233系 | トップページ | 年末年始の旅2007-2008(その2) »