« 第13回時刻表検定試験 | トップページ | 水海道車両基地 »

2007年11月 3日 (土)

第3回つくばエクスプレスまつり

11月3日、「第3回つくばエクスプレスまつり」が開催されました。

Dsc08875_640

上記画像は「第3回つくばエクスプレスまつり」のパンフレットです。会場案内図や会場までのアクセスが掲載されていました。
なお、今回初めて、「TXまつり直通電車」が設定されました(下り2本・上り3本)。

Dsc08674_640

「PASMO等のICSF、パスネットはご利用できません」とあるのは、「TXまつり会場」がいわゆる「駅」ではないため、カードに「出場記録」が入らないためと思われます。なお、従来通り、「守谷駅からTXまつり会場までのシャトルバス」(無料・所要時間約5分)も運転されました。

Dsc08684_640

「TXまつり会場」では降車時には上記画像のような階段から下車するため、1号車と6号車から最初に下車するようになっているため、3・4号車に乗車している乗客は列車到着後、下車できるまで10分くらいかかりました。

Dsc08689_640

「手動改札」のようなものが設置されていて、精算が必要かどうかで出口が分かれていました。

Dsc08686_640

会場で撮影した列車群(一番左に止まっている車両が、秋葉原からの1本目の直通列車)です。

Dsc08704_640

「電車の床下見学」会場に展示されている車両です(左の車両の表示は「修学旅行」になっています)。
実際に使用されたことがあるのかどうか・・・

Dsc08712_640

「床下見学」の説明のため、蓋を外し、説明文が掲載されていました(画像はATC・ATO装置の説明)。

Dsc08736_640

通常では開くことのない前面が開けられた状態で展示されていました。

Dsc08697_640

関東鉄道と連携して、シャトルバスが運転されました。なお、当日は関東鉄道側でも「水海道車両基地」が公開されており、「守谷駅-TXまつり会場」、「TXまつり会場-水海道車両基地」、「水海道駅-水海道車両基地」の3パターンのバスが運転されました(昨年と同様です)。

このあと、「水海道車両基地」にも行きましたが、それについてはまた・・

 

|

« 第13回時刻表検定試験 | トップページ | 水海道車両基地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/8745616

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回つくばエクスプレスまつり:

« 第13回時刻表検定試験 | トップページ | 水海道車両基地 »