« 鉄道博物館開館前日 | トップページ | 鉄道博物館開館(番外編) »

2007年10月15日 (月)

鉄道博物館開館!

鉄道博物館が、10月14日に開館しました。
Dsc08535_640_3
鉄道博物館外観です。

Dsc08509_640

最寄り駅は、埼玉新都市交通「鉄道博物館(大成)」駅です。
大宮駅の次駅で、運賃は180円です(乗車券として、Suica、PASMO、ICOCAが使用可能です。PiTaPaは使用できません)。

Dsc08515_640

「鉄道博物館(大成)」駅の外観です。

Dsc08472_640

前日に訪れた同駅(といっても、駅名は違いますが・・・)の外観です。

Dsc08525_640

入口は、一般者用と「Teppa倶楽部」会員用では違う場所から入ることになっているようです。

Dsc08668_640

「Teppa倶楽部」会員証です(会費が「一般」の場合3000円かかります)。
裏側には、顔写真・会員番号・氏名(ふりがな付き)・有効期限・注意書きが掲載されています。
会員証を事前に交付できたため、入場は一般者よりも楽に入場できました。

Dsc08633_640_2

入館時に、会員証と引き替えに交付されるICカードです。

Dsc08536_640

モハ454-4の車内(休憩用に改装されています)。

Dsc08539_640

館内の食堂のメニューサンプルです(支払いにSuicaおよびPASMOが使用できます)。

Dsc08558_640

館内の「ヒストリーゾーン」に展示されている車両
中央のSLは「C57135」(昭和50年12月14日、国鉄最後の旅客用列車を牽引したことで有名)です。
そのほか、ED75、481系、455系、181系、20系客車の姿も見ることができます。

Dsc08578_640

クハ181-45(昭和40年汽車會社製造)の車内。特急「とき」などで使用された車両です。

Dsc08561_640

当時の特急愛称名募集の広告(結局「こだま」に決定しました)。
しかし、賞金50000円はすごい!(当時の大卒初任給は13000円位とのことです)

Dsc08597_640

昭和8年頃の時刻表です(中央本線の駅名が当時とは違っている駅があることに注目)。

Dsc08602_640

当時(大正12年)すでに「目黒蒲田電鐵線」(のちの東急目蒲線、現東急目黒線及び東急多摩川線)の時刻が掲載されていました。

Dsc08621_640

3階から撮影した風景(走っている電車は川越行きの電車)

Dsc08639_640

退館後、大宮駅に戻ると、駅の券売機に貼ってありました。
混雑しすぎで、規制がかかったようです。

とにかく、人が多くて、ゆっくりとは見学できません。
また別な機会に、改めて訪問したいと思います。

 

|

« 鉄道博物館開館前日 | トップページ | 鉄道博物館開館(番外編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/8420629

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館開館!:

« 鉄道博物館開館前日 | トップページ | 鉄道博物館開館(番外編) »