« 山陽新幹線と九州新幹線との直通運転 | トップページ | 第13回時刻表検定試験 »

2007年10月21日 (日)

「500系のぞみ」から「500系こだま」へ・・・

あの「500系のぞみ」(臨時で「500系ひかり」として運転されたこともあります)が、「500系こだま」として運転されることになるようです。

中日新聞の記事
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2007102002057897.html
山陽新聞の記事
http://www.sanyo.oni.co.jp/newsk/2007/10/20/20071020010001301.html

5223_640

先頭部が特徴的な500系新幹線。
東海道・山陽新幹線では唯一、先頭車運転台寄りには、旅客用乗降口がありません。

5159_640

車両は8両編成に組み替えられ、中間車は廃車になるようです。
上記画像は500系のグリーン車です。廃車になる前に、撮影・乗車されてみてはいかがでしょうか?

N700系の大量投入により、500系は捻出され、「こだま」に転用となります。
なお、300系新幹線も2011年度には東海道新幹線から引退となる模様です。

 

|

« 山陽新幹線と九州新幹線との直通運転 | トップページ | 第13回時刻表検定試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175728/8533291

この記事へのトラックバック一覧です: 「500系のぞみ」から「500系こだま」へ・・・:

« 山陽新幹線と九州新幹線との直通運転 | トップページ | 第13回時刻表検定試験 »