« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月24日 (土)

「一太郎2007」を購入

ジャストシステム社のワープロソフト「一太郎2007」を先日購入しました。
本来であれば、発売日に購入できるはずが、ジャストシステム社側の都合で、入手が延期になってしまいました(ジャストシステム社から通販で購入したこともありますが・・)。
今回のバージョンでは「乗換案内 駅名電子辞典」等がATOK2007に搭載されているようで、早速試してみました。
Dsc00813_640_1「ひがし」と入力し、変換するとこのような表示が出てきます。
「地図」の箇所をクリックすると、駅周辺の地図が表示されます(インターネット接続環境にある場合)。
路線名の箇所をクリックすると、その路線の駅名一覧が出るのですが、実際の路線に対する駅名が必ずしも出るわけではないようです。東酒田の場合は「羽越本線」のみ表示されればよいと思いますが、実際には「陸羽西線」の表示も出ます。

Dsc00814_640_1東海道本線の表示です。駅名がたくさんあるためか、「東海道本線(東日本)」になっていますが、横浜の次が東戸塚になっているのには「?」という感じがします。
東戸塚は横須賀線の列車は停車しますが、東海道本線の列車は停車しませんし、市販の時刻表にも横浜の次は戸塚と表示されています。
ちなみに東北本線の駅名表示は、黒磯からになっています(黒磯以南は「宇都宮線」で表示されています)。

これで駅名入力変換は多少楽になると思えば、購入した甲斐があるのかもしれませんが・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

赤い「青春18きっぷ」を入手

恒例の「青春18きっぷ」を入手しました。
今回のバージョンは、「JR発足20周年・青春18きっぷ」という名称で発売され、発売価格も8000円になっています。ちなみに8000円という価格は、1982年(昭和57年)に発売された当時の値段と同じです(設定当初は「青春18のびのびきっぷ」という名称でした)。

Dsc00810_640
表はこのような画像です。
効力は、従来と同じため、今までよりもお得感が出ているものと思います。
発行箇所はJR西日本管内の駅です。
どのように使用するかは、まだ決めていません。

Dsc00811_640【お知らせ】にもあるように、「ムーンライトながら」は時刻変更及び指定席の区間が変更になります。なお、3月17日(現地日)は「ムーンライトながら71号」(下り列車)、「ムーンライトながら70号」(上り列車)として運転します。おそらく移り変わりダイヤの影響で列車名を変更しているものと思います。
3月18日の「ムーンライトながら」は横浜発基準で2本(東京発3月17日は横浜駅発車時刻は0時を過ぎていますが、東京発3月18日は横浜駅発車時刻は23時台のため)設定されるため、マルス上、列車名を区別する必要が生じるためではないかと推測できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

常磐線グリーン車(続報)

1月6日から運行されている「お試しグリーン車」ですが、グリーン車も順次落成されているようで、ダイヤ改正までに44両製造するようです。運用区間も拡大され、いわき発着の列車も設定されます。
以下の4本の列車が該当列車です(運転日は一定していません)
351M
431M
350M
446M

なお、ダイヤ改正後の運用区間は、上野(我孫子)-高萩間のため、いわき発着の列車に乗車することは、貴重な体験になるものと思います。
「お試しグリーン車」の運用列車は以下の画像を参照してください。

Dsc00711_640Dsc00713_640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »