« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

東京メトロ東西線

1月27日、東京メトロ東西線深川工場において「さようなら東西線5000系 車両撮影会&工場見学会」が行われました。
Dsc00668_640
入口に掲示してあった会場案内
会場に入る前に住所氏名等を記入してから会場入りするようになっていました。
会場の広さの割には入場者数が多いように感じました。
行った時間が遅かったため、あまりゆっくりとみる時間はありませんでした。

Dsc00692_640Dsc00691_640Dsc00690_640Dsc00689_640Dsc00688_640Dsc00687_640

左記画像は、東西線開業時の歴代ポスターです。
実施順に並べています。

Dsc00696_640

展示会場に並んでいた車両群
左から、07系・05系増備車・05系初期車・5000系ステンレス車・5000系アルミ車
07系は有楽町線からの転属車。05系は増備車と初期車(方向幕のLED化などの仕様変更が行われている)
5000系アルミ車は、昭和41年に試作車として製造されたもの

Dsc00705_640
「資材置き場」にあった旧型自動改札機

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

浦和駅高架化工事

1月14日、浦和駅高架化工事が行われ、京浜東北線(南行)浦和駅付近が高架化されました。
その高架化完成後の1番列車に乗車しました(快速蒲田行き)。
Dsc00586_640_1

高架化後、一番列車の表示

蒲田行き(列車番号9285B)は、「安全の確認」ということで、13分ほど遅れて大宮駅を発車しました。
浦和駅に接近すると、(起点から24.9キロ付近から)徐行運転を行いました。
浦和駅1番線ホームには、たくさんの旅客、工事関係者、駅員等がいました。
いったん、南浦和駅で下車し、大宮行きに乗車しました。

Dsc00597_640_1
大宮行きの先頭(南浦和-浦和間)から撮影した高架取り付け部分
高架前の線路がまだ残っているのがわかる。
(右側の線路が、京浜東北線南行。)

Dsc00613_640
大宮駅まで乗車し、再度南行電車に乗車。
南行電車先頭部(北浦和-浦和間)から撮影した高架取り付け部分
(画面奥に見えるのが浦和駅。制限45キロの表示が見える。)
画像でわかるように、南行のみ高架化されている。

Dsc00622_640_1

駅構内に設置されたエスカレーター
画像にはありませんが、この手前にエレベーターも設置されています。
県庁所在地の駅にしては設置がかなり遅かったようで・・
初日のため、駅構内に案内人が数人いました。
なお、浦和駅では「ご案内スタッフ」を募集しています。

Dsc00628_6402番線(旧1番線)ホーム側から撮影したもの
京浜東北線南行電車が発車するところ
旧線路が残っているが、架線が撤去されてるのがわかる
このスペースを利用して、今後、北行線の高架化が行われる予定。
このあと寄り道をしながら帰宅したら途中で・・・

Dsc00638_640

東海道本線のある駅構内にあったパンフレット置き場
なんと、「高架化工事延期のお知らせ」と記述のあるパンフレットが・・・
パンフレットには「ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。」とあるのですが
どんな協力をすればよいのでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

九州特急フリーきっぷ

本日、「九州特急フリーきっぷ」が発売開始されました。
年末年始の旅4で、調べた限りですが、概要がわかりましたので、このBlogに掲載します。

発売金額:2日間用は22000円、3日間用は25000円(小児半額)
発売箇所:JR九州のみどりの窓口等(E-POS端末設置箇所を含む)
発売期間:7月14日まで(3日間用)および7月15日まで(2日間用)
有効期間:7月16日までの連続する2日間(2日間用)および3日間(3日間用)
フリー区間:JR九州全線(九州新幹線および門司~下関間を含む)
効力:フリー区間内の普通車自由席が乗り降り自由
普通車指定席利用の場合:「指定料金券」を別途購入することにより乗車可能(列車および乗車日により、300円、500円、700円の場合あり)
グリーン車指定席利用の場合:「グリーン料金券」を別途購入することにより乗車可能(乗車区間に対するグリーン料金:DXグリーン及び個室を含む)
寝台列車に乗車する場合:「普通車指定席」および「立席」の場合に限り乗車可能(「指定料金券」あるいは「立席特急券」が必要)
ホームライナー等に乗車する場合:そのまま乗車できる(乗車整理券不要)
継続乗車の場合:乗車列車の終着駅まで有効(「ドリームにちりん」(下り)に乗車の場合、宮崎空港駅まで乗車
可能)
払いもどし:手数料420円(有効期間内に発売箇所で払いもどし)。使用開始後の払いもどしは不可
変更:有効開始日の変更は不可
その他:アンケート用紙が交付される(マルスまたはE-POS120㎜券)

実際に利用する場合は、「周遊きっぷ・九州ゾーン」と比較して考える必要があると思います。
九州新幹線(「九州ゾーン」では乗車不可)および指定席の利用回数(「九州特急フリーきっぷ」と「周遊きっぷ」利用時で指定席を利用する際に支払う金額が異なる)によって使用方を考えて、効率よく利用していただくことを希望しています。
このような特企が通年発売されればよいと思うのは私だけでしょうか?(金額はもう少し安くした方がよいとは思います)

私も機会があれば利用したいと思っていますが、その時間がとれるかどうか・・・

Dsc00459_640

「スタンプラリー」が同時期に行われるようで、そのパンフレットの画像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

常磐線グリーン車

すでに明らかなように、3月18日のJRダイヤ改正日から常磐線(E531系)に、グリーン車の営業運転が開始されます。それに先立ち、1月6日より、「おためし期間」としてグリーン車を普通車扱い(乗車券のみで乗車できる)で運転するため、試乗してきました。
6日は仕事のため、7日に乗車しました。
当日は強風の影響でダイヤが多少乱れていました。
列車到着前から、グリーン車乗車位置付近には多少の列ができていました。
サロE530-3に乗車。
車内はほとんど満席状態でしたが、南千住、松戸、柏等で下車客がいるため、途中駅から座ることも可能でした。
子供連れの乗客もみられるため、車内が若干他の路線のグリーン車よりも騒がしく感じます(この点は、正式営業運転開始後どのようになるか見ものです)。
グリーン車車内はE231系のそれと同様な作りになっていますが、若干の変更がみられます。
天井のSuicaシステムは準備工事中のようで、Suicaシールは貼っていません。
座席の後ろにはグリーン車に関するリーフレット(持ち帰り自由)がおいてあり、それによればグリーン車Suicaシステムは、小木津、十王、高萩の各駅発着に関しては、対象外のようです。
あと、改札内グリーン車乗り継ぎの記述がないのは気になるところです。
なお、松戸駅改札内に「お試しグリーン車一覧表」が載っていました。下の画像をご覧ください。

Dsc00470_640_1サロE530-3の車内(2階席)

Dsc00537_640_1
グリーン車連結列車一覧(下り)

Dsc00541_640

グリーン車連結列車一覧(上り)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

年末年始の旅4

Blog作成を少し休んでいましたが、旅の残りを・・

1月1日に「年末年始・乗り放題きっぷ」を使用後、2日以降「青春18きっぷ」で再び乗車。朝のうちに乗車券等を別途購入して、博多南線に乗車しました。
そのあと、九州地区の駅にいくつか下車しました。
JR九州では、10日以降に特企券「九州特急フリーきっぷ」を発売する予定(博多駅では、先行発売しました)で、機会があればこの特企を使用して九州地区を回ってみたいと考えています。
効力等について複数の駅で伺ったところ、「九州特急フリーきっぷ」の概要(JR九州のHPには掲載されていますが、主なものしか掲載されていません)がわかりましたので、近日中にこのBlogに載せる予定です。
1月3日及び4日をかけて、都内まで帰ってきました。

JR西日本のエリア(広島支社管内など)は、今でも国鉄時代に製造された103系及び115系が健在で、一部の車両はリニューアル工事を行っていますので、当分の間は活躍することでしょう。
これに対し、JR東海及びJR東日本は新車の投入が著しく、国鉄時代の車両にお目にかかることはあまりなくなりました。3月ダイヤ改正までに静岡支社管内から113系及び115系が引退するものと思います。
なお、熱海からは普通列車のグリーン車に乗車しましたが、グリーン券はSuicaではなく、POS券で事前に購入しました。

「青春18きっぷ」はまだ4回分残りがあります。
今度は、常磐線グリーン車にでも乗車する予定です(3月17日までは「おためし期間」のため、グリーン料金なしで利用できる)。
Dsc00218_640
写真は博多南駅ホームで撮影した新幹線
一番左が300系、一番右が500系、真ん中の3本が700系(JR700のロゴがあるのが、JR西日本所属車)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

年末年始の旅3

JR西日本の特企券「年末・年始西日本乗り放題きっぷ」で12月31日と1月1日で、「500系のぞみ」、「特急やくも」、「特急はまかぜ」等に乗車しました。
「500系のぞみ」はグリーン車に2度乗車しましたが、あまり乗車していないようでした。発車後、おしぼりが配布されましたが、他社と違い、紙のおしぼりではなく、タオルで配布されました。
その500系も6月30日をもって、東海道新幹線から撤退します。7月以降は、どのように活用されるか興味があります。製造から10年ほどですので、廃車には早いとは思われます(現在運用されている0系の中には、昭和58年製造車がまだ稼働しています)。
「特急やくも」は、1号車が、展望グリーン車ですので、かつては「スーパーやくも」と呼ばれていましたが、展望グリーン車以外は、従来車と同じであるため、現在は「やくも」に一本化されています。「やくも」もリニューアル化され、4月以降順次投入予定です(全車禁煙化・グリーン席全車3列化が行われる予定です)。
「特急はまかぜ」は今では貴重な181系気動車が定期運用しています(外部塗装は、国鉄時代とは変わっています)。3月改正でなくなることはありませんが、いつ引退してもおかしくないものと思われますので、あえて乗車しました。
Dsc00018_640
写真は、「やくも」号グリーン車からの展望

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »