2019年6月27日 (木)

磐越西線開通120周年記念列車で出発セレモニー

JR東日本仙台支社は、来たる7月15日に運転する「磐越西線120周年記念」団体専用列車の会津若松駅での出発(12時16分発)に際して、出発式のセレモニーを行うことを発表しました。
磐越西線は明治32年(1899年)7月15日に、上戸-会津若松間の開通により、郡山-会津若松間が開業しました。
ちなみに、磐越西線の全通は、大正3年に野沢-津川間の延伸開業によるもので、当時は岩越線の名称(建設当初の「岩越鉄道」が由来)で全通し、大正6年10月10日に、現在の磐越西線の名称に変更されました。

会津若松市も市政120周年を迎え(明治32年当時は「若松市」で現在の会津若松市の名称になったのは昭和30年4月1日)、地元の方々とセレモニーを盛り上げるとしています。
なお、出発セレモニーは11時50分頃から会津若松駅2番線ホームで行われるようです。

Sdsc05360

画像は、平成29年10月8日に運転された「磐越東線全線開通100周年号」の運転に際して、郡山駅で行われた出発式のセレモニーの画像です。

 

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

特急「はるか」に新形式車両増備

JR西日本は、特急「はるか」に増備する車両を271系で新造することを発表しました。

Shinea632

画像は、特急「はるか」に使用している281系です。画像の車両は3両編成で、通常の6両編成に対する増備車で使用しているようですが、増備予定の271系は、現行の281系に併結して使用するようです。

現在、281系は6両編成9本、3両編成3本が吹田総合車両所日根野支所(近ヒネ)に配置されていますが、271系の3両編成を6本新造することにより、基本的に「はるか」は9両編成で運転されることになるようです。

271系は、車体構造の強化や、全席モバイル用コンセントの設置などが行われる予定で、来年春頃に営業運転が開始されるようです。

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

大人の休日倶楽部パス(東日本)(令和元年度)

先日、特企券「大人の休日倶楽部パス」を購入しました。

Sdsc01725

画像は「大人の休日倶楽部パス(東日本)」(マルス商品番号:22020)です。
令和元年度の「大人の休日倶楽部パス」(東日本)の効力等は、以下のとおりです。
値段:15000円(「大人の休日倶楽部」会員限定)
有効期間:4日間
利用エリア:JR東日本全線・青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道・三陸鉄道・北越急行・伊豆急行・富士急行・えちごトキめき鉄道(直江津~新井)およびBRT
利用可能列車:新幹線を含む特急列車および普通列車の普通車自由席
指定席利用:6回まで無料(7回目以降は別途料金が必要、この場合、「大休」・「ジ割」は適用しない)
利用期間
令和元年6月20日~7月2日(第1回)
第2回・第3回の設定もあるようです。

発売期間は、利用開始日の1箇月前から前日まで(利用開始日当日の発売は行わない)で、利用開始日ごとに30000枚が上限になります(売り切れとなり、発売不可になる場合があると言うことです)。

なお、「指定券の交付」については、利用日当日でも可能です(「大人の休日倶楽部パス」自体の発売が利用開始日の前日までという制限があるのみです)。


「はやぶさ」・「はやて」・「ひたち」・「ときわ」・「成田エクスプレス」・「あずさ」・「かいじ」等の全車指定席の列車(指定席を必要とすることが事実上強制される列車)についても、6回までの制限の対象になります。たとえば、東京-新青森間で「はやぶさ」の立席を発行した場合でも6回までの制限の対象になります。
ただし、盛岡-新青森・秋田相互間で「はやぶさ」・「はやて」・「こまち」の立席に乗車する場合は、指定券(立席)の発行なしで乗車することが可能です。
また、「30000枚を上限とする」については「大人の休日倶楽部パス(東日本)/(北海道)/(東日本・北海道)」全3種類の合計枚数が基準になりますので、早めに購入することが望ましいと思います。

KIOSKなどで商品を購入する場合、「大人の休日倶楽部パス」を呈示することにより、原則10%引きで商品を購入することができます(「大人の休日倶楽部パス」の有効期間内に限る)。


なお、支払いは、原則として「大人の休日倶楽部カード」で決済することが条件となります。複数人数分の「大人の休日倶楽部パス」を購入する場合、代表者が、委託者全員の「会員証(代理購入証明書)」を呈示することで購入することができます(この場合も「大人の休日倶楽部カード」での決済が必要です)。
50歳以上の方は、「大人の休日倶楽部」に入会することで、得をすることが多々あるものと思われますが、「大人の休日倶楽部カード」(クレジットカード)を発行していただく必要があります。なお、50歳の誕生日以降でないと入会の申し込みができませんが、50歳以上であっても、必ず入会可能とは限りません(クレジットカードの審査により入会拒否になる事例があるようです)。

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

丸ノ内線方南町駅が6両編成に対応

東京メトロ丸ノ内線の方南町駅は、これまで丸ノ内線内において、6両編成での営業運転が行われていない唯一の駅でしたが、次期ダイヤ改正となる7月5日から6両編成での営業運転が行われ、池袋から直通運転が行われるようになります。

Sdsc01642

方南町駅ホームの画像です。左側が2番線ホームになっています。まだ、工事は完成していないようです。

Sdsc01647

方南町駅2番線ホームの画像です。02系3両編成の電車が停車しています。停車している電車の手前側にもホームドアが設置されているのが見えます。この部分のホームドアが6両編成で営業運転される際に使用されるようです。

Sdsc01637

方南町駅1番線ホームに停車している、中野坂上-方南町間を運転する区間列車です。

次期ダイヤ改正以降、日中の池袋-新宿間の区間列車の大半は、新宿-方南町間を延長運転します。

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

Suicaを特企券に・・・

JR東日本では、来る9月1日より特別企画乗車券(いわゆる、おトクなきっぷ)の一部について、Suicaで利用可能にすることを発表しました。

「Suicaで利用可能にすること」とは、Suicaを使用して、券売機等で特企券を購入することではなく、Suica本体に、特企券の情報をデータ上に書き込んで、Suica(カード)のみで特企券を利用可能にするということです。

JR東日本で発売するIC企画乗車券は、以下のとおりです。なお、モバイルSuicaや定期券情報が書き込まれたSuicaなどでは、IC企画乗車券として使用することができません。
・都区内パス
・ヨコハマ・みなとみらいパス
・鎌倉・江ノ島パス
・のんびりホリデーSuicaパス

このうち「のんびりホリデーSuicaパス」は新規に設定された特企券で、IC企画乗車券のみの取り扱いになります(磁気券での発売はありません)。値段は大人1人あたり2620円です。
とりあえず来年3月31日までの発売になり、利用期間は9月1日以降の土休日および12月29日から1月3日になります。
なお、プレスには前売りを可能とする記述はありませんので、前売りが可能かどうかについては現時点では不明です。
フリー区間は、特企券「休日おでかけパス」(発売額2670円)から新幹線区間および久留里線を除外した区間になります(「のんびりホリデーSuicaパス」では、新幹線を利用することはできません)。つまり、新幹線を利用できないかわりに、50円値段が安いということのようです。在来線において、特急列車や普通列車のグリーン車等を利用する場合は、該当する料金を別途支払うことにより乗車可能になります。

Sdsc08446

画像は、先月購入した「都区内パス」です。「都区内パス」、「ヨコハマ・みなとみらいパス」、「鎌倉・江ノ島パス」については、9月1日以降も、磁気券での発売が継続されます(磁気券でもIC企画乗車券でも値段は同じ)。

なお、上記に掲載した値段については、9月30日までの設定です。10月1日以降については、消費税が10%になる予定のため値段が変更になるようです。現政権において、「リーマンショック級の出来事」がない限り、予定どおり消費税率アップを行う旨、「令和おじさん」が記者会見等で発表しているようです。

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

中央線E233系でトイレ付き車両の運転を開始

昨日、5月27日より、豊田車両センター(八トタ)所属のE233系のうち、T37編成がトイレ取り付け改造後の営業運転を開始しました。

Sdsc01365

八トタT37編成の4号車である、サハE233-537の表示です。トイレは4号車(の5号車寄り)のみに取り付け改造しました。

Sdsc01371

サハE233-537のトイレ付近の画像です。トイレは、E233系近郊型のものと同じに作られているように見えます。トイレの反対側は、車椅子およびベビーカースペースになっているようですが、だいぶ狭いため、車椅子およびベビーカーが置かれると、隣の車両へ(から)の移動が困難になるものと思われます。

Sdsc01369

このため、優先席の箇所が変更になり、7人掛けロングシートの2名分が優先席に変わっています。吊り手についても変更されているのが分かります。

Sdsc01372

サハE233-537の側面の画像です。トイレ取り付け改造をした箇所は、窓が塞がれています。

なお、トイレそのものは現時点では使用不可になっており、入り口には、「トイレの使用開始時期は2019年度末を予定しています。ご理解くださいますようお願いいたします。」の張り紙が貼ってありました。車両基地側で汚物処理の設備が完成するまで使用できないということのようです。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

「えきねっと」でサンライズ瀬戸/出雲のノビノビ座席の取り扱いを開始

寝台特急「サンライズ瀬戸」および「サンライズ出雲」は、平成10年7月10日から運転を開始した寝台列車ですが、この列車の「ノビノビ座席」(扱いは「普通車指定席」)について、JR東日本の「えきねっと」で7月1日乗車分から取り扱いを開始することになりました。なお、個室寝台は従前通り、取り扱いを行いません。

Snobinobi4

画像が、「サンライズ瀬戸/出雲」のノビノビ座席です。カーペット敷きの部分に横になることが可能で、普通車指定席扱いで乗車可能なため、運賃に最大で3760円(通常期)を追加した額で乗車可能になります(令和元年9月30日まで)。そのため、週末を中心に指定席のとりにくい列車になっているようです。

なお、「えきねっと」で確保した指定席券の受け取りは、出雲市や高松など、取り扱い対象外の地域では行われませんのでご注意ください。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

新元号は「令和」

平成31年4月1日午前11時41分に、菅義偉官房長官によって、新元号が「令和」(れいわ)になることが発表されました。

これにより、5月1日午前0時から、令和元年になるということが正式に決定しました。

現時点では相鉄・JR直通線の開業である11月30日が、令和最初のダイヤ改正になるということになるようです。

なお、一部の鉄道事業者は2019年度中のダイヤ改正を表明しているところもあるため、11月30日以前にダイヤ改正を行う可能性も残されています。

 

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

京浜急行大師線一部地下化

3月3日に、京浜急行電鉄と川崎市が行っていた、大師線一部地下化工事が完成し、3日の10時頃から新しいルートで大師線が営業運転を開始しました。

当初は、京浜急行電鉄と川崎市が大師線のほぼ全線を地下化するということで、平成5年に都市計画決定を行いましたが、その後の社会情勢の変化に伴い、一部計画を凍結し、いわゆる「1期区間」のみ工事を行うことに変更し、「平成28年3月29日付け神奈川県告示第148号」により、事業区間と事業施行期間の変更を行いました。
Sdsc00889
画像は、京急川崎駅に掲示してあった、「京浜急行大師線連続立体交差事業」の案内です。
これによれば、東門前(ひがしもんぜん)駅から立体交差(地下)化し、産業道路駅を地下ホームとし、小島新田駅の手前まで立体交差工事が行われるようです。
Sdsc00851
東門前駅から産業道路駅方向への画像です。立体交差工事前の撮影です。
Sdsc01079
ほぼ同じ位置から撮影した、立体交差工事後の画像です。産業道路駅が地下に移設されています。
Sdsc00737
産業道路駅の隣にある「産業道路第1踏切道」です。「産業道路」とは通称で、正式には「東京都道・神奈川県道6号東京大師横浜線」というようですが、トラックなどの往来が多いため「産業道路」と通称しているようです。立体交差工事前の撮影です。
Sdsc01200
ほぼ同じ位置から撮影した、立体交差工事後の画像です。踏切がなくなっているのが分かります。
なお、この部分は単線区間になっていましたが、地下化後には複線区間となっています。
Sdsc00665
産業道路-小島新田間の画像です。立体交差工事前の撮影です。立体交差工事後は、この付近から地上に上がるようになっているようです。
Sdsc00935
ほぼ同じ位置から撮影した、立体交差工事後の画像です。この部分は単線区間になっていましたが、地下化後には複線区間となっています。
Sdsc00787
画像は、地下化工事前の産業道路駅です。手前側が単線になっているのが分かります。
Sdsc00801
産業道路駅改札の画像です。産業道路駅は地下化されましたが、改札の位置は変わっていません。
Sdsc01096
地下化された産業道路駅1番線ホームです。左側に見えているのが階段です。なお、小島新田行き列車基準で、前から2両目付近には、階段およびエスカレーター、先頭車付近にはエレベーターが設置されています。
Sdsc01128
産業道路駅端から上り京急川崎行き列車を撮影した画像です。
Sdsc01224
産業道路駅上りホームには「待合室」があります(下りホーム側には待合室はありません)。
Sdsc01263
今回の産業道路立体化完成を記念してか、1編成に記念ヘッドマークが用意されたようです。
Sdsc01258
「ヘッドマーク」部分の拡大画像です。
今後は「1期区間」の残りの工事も行われるため、5年後を目処に、川崎大師駅付近の立体交差化(地下化)工事が行われるものと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月25日 (月)

青春18きっぷ(平成31年春季版)を購入

JR旅客鉄道各社の特企券「青春18きっぷ」を先日購入しました。

Sdsc00553
画像が特企券「青春18きっぷ」(マルス商品番号:22088)です。
Sdsc00554
画像は特企券「青春18きっぷ」のご案内です。
特企券「青春18きっぷ」の効力等について、以下に記述します。
値段は11850円(おとな・こども同額)、発売期間および利用期間は以下のとおりです。
発売期間:平成31年2月20日~3月31日
利用期間:平成31年3月1日~4月10日
発売期間と利用期間にはズレがありますのでご注意ください。
・JR線の普通列車と、気仙沼線・大船渡線BRTおよびJR西日本宮島フェリーを利用期間内の任意の5日(5回)が乗り放題の特別企画乗車券です。なお、ここで言う「普通列車」とは、原則として乗車券のみで乗車できる列車のことです。そのため、快速列車等の乗車も可能です。プレスには書いてありませんが、常磐線の富岡-浪江(下り1便のみ原ノ町)間で運行している代行バスにも乗車可能です。そのほか、一部第3セクターの路線を通過連絡する場合には乗車可能な場合があります(第3セクターの路線はフリー区間ではありません)。
・利用期間内の任意の1日が乗り放題の特別企画乗車券です。ここで言う「1日」とは、午前0時以降24時を過ぎて最初に停車する駅までのことです(東京・大阪近郊の「電車特定区間」と言われている区間については、24時を過ぎても終列車までは当日と見なすことになっています)。
・1枚のきっぷで1人で5回まで利用可能なほか、5人で1回などのグループでの利用も可能です。グループで利用する場合は同一行程での利用となります(グループで利用する場合、本きっぷ所持者以外は、集合駅まで(解散駅より後)は別に乗車券を購入することになります)。
・前述した、「一部第3セクターの路線を通過連絡する場合には乗車可能な場合」とは、以下の路線、区間が該当します。
青い森鉄道:青森-八戸間(青森・野辺地・八戸駅以外の途中下車は不可)
IRいしかわ鉄道:金沢-津幡間(金沢・津幡駅以外の途中下車は不可)
あいの風とやま鉄道:高岡-富山間(高岡・富山駅以外の途中下車は不可)
上記区間を通過連絡する場合は、それぞれの区間の運賃は別払い不要ですが、(青森・野辺地・八戸・金沢・津幡・高岡・富山駅以外の)途中駅で下車した場合は、別途、乗車区間に対する運賃が必要です。IGRいわて銀河鉄道(盛岡-好摩間)やIRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道の津幡-高岡間には特例はありませんのでご注意ください。
・「青春18きっぷ」は普通列車乗車券のため、特急列車に乗車することは原則としてできません(特急券等の料金券を追加払いして、「青春18きっぷ」を乗車券として使用することもできません)。
・普通列車のグリーン車自由席、座席指定席およびホームライナーを利用する場合には、それらの料金券等を購入することで、「青春18きっぷ」を乗車券として使用することが基本的には可能です(なお、グリーン車指定席を利用する場合は、「青春18きっぷ」を乗車券として使用することはできません)。「中央ライナー」および「青梅ライナー」の普通車に乗車する場合に、「青春18きっぷ」を乗車券として使用することができますが、3月15日までになります(3月16日のダイヤ改正で、「中央ライナー」および「青梅ライナー」は廃止になり、特急列車になるためです)。
・特急列車には、前述したとおり原則として乗車できませんが、JR北海道の石勝線「新得~新夕張」間及びJR東日本の奥羽本線「新青森~青森」間は、特例として当該区間内相互発着の場合に限り、特急列車の自由席に乗車できます(新青森-青森間相互発着に限り、「リゾートしらかみ」などの快速列車の指定席の空席にも乗車可能です)。特例区間外にまたがって乗車する場合は、当該特急列車乗車全区間の乗車券及び特急券が必要になります。
・JR九州の「宮崎~南宮崎~宮崎空港」および佐世保線の早岐~佐世保間についても特急列車に「青春18きっぷ」で乗車可能です。
Sdsc00499
画像は「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」(マルス商品番号11390)です。
本州と北海道にまたがって乗車する場合に、現行では北海道新幹線しかありませんが、この「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を別途購入することにより(2300円)、北海道新幹線の奥津軽いまべつ-木古内間、および道南いさりび鉄道の木古内-五稜郭間に片道1回のみ乗車可能になります(北海道新幹線と道南いさりび鉄道の乗車日は同一日に限る)。この場合、道南いさりび鉄道の木古内駅以外の各駅での途中下車は不可。北海道新幹線は全車指定席のため、「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を使用する場合は、立席利用(座席の指定をしないで乗車する)に限っています。なお、複数人で1枚の「青春18きっぷ」を利用する場合、「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」は乗車人数分必要になりますのでご注意ください。
北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅と、津軽線の津軽二股駅は接続駅ということになっていますが、基本的に便利な接続ダイヤにはなっていません。
・払いもどしについては、列車の運休や遅れの理由による払いもどしはありません。未使用で発売期間および利用期間内に限り、手数料220円を払うことにより、払いもどしが可能です(「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」の払いもどし手数料は440円)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«地下鉄丸ノ内線2000系デビューへ